NEWS

外壁塗装と屋根塗装は同時に行える?解説します!

2022.07.28
「屋根塗装と外壁塗装は同時に行えるのか知りたい」
「同時に行うメリットとデメリットを把握しておきたい」

塗装に関して、このようなお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、屋根塗装と外壁塗装について、同時に行う場合の基礎知識やメリット・デメリットなどをご紹介します。

□屋根塗装と外壁塗装は同時に行える?基礎知識をご紹介!

結論から申し上げますと、屋根と外壁は同時に塗装を行えます。
以下より、同時に塗装する際の基礎知識を解説します。

まずは工期に関して、屋根塗装と外壁塗装を同時に行う場合は、どちらか一方のみを行う場合に比べて工期が少しだけ伸びる傾向があります。
同時に塗装するため、かかる日数は足し算というわけではなく、準備など工事の工程にかかる時間が延びることがあり、トータルで2週間弱の期間がかかる場合が多いです。

次に、費用に関して、こちらは別々で行う場合の総額に比べて、少し安くなる傾向にあります。
その理由としては、足場の設置等、共通の作業があるため、その分の工事費用が浮くからです。

□屋根と外壁を同時に塗装するメリットとデメリット

*同時に行うメリット

1点目は、先ほども少し述べましたが費用が安くなることです。
理由は先ほども述べた通りで、共通の工程があるからです。

2点目は、手間が少なくなることです。
外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで、業者とのやり取りの手間を省けます。

3点目は、デザインに統一感を出せることです。
同時塗装を行うことで色やデザインなどに統一感を持たせられます。
また、同時期に塗装することで劣化による、外壁と屋根の色の差も目立ちにくくなります。

*同時に行うデメリット

1点目は、まとまった費用が必要になることです。
同時に塗装を行う分、費用は少し安くなりますが、両方の塗装費用を同時に支払う必要があります。

2点目は、工期が長くなることです。
こちらも先ほど述べたことですが、2週間弱の工期がかかることになります。
また、外壁と屋根の状態によっては、さらに工期が伸びることもあるので、余裕を持った計画を立てましょう。

□まとめ

今回は、屋根塗装と外壁塗装について、同時に行う場合の基礎知識やメリット・デメリットなどをご紹介しました。
今回お伝えした情報をぜひご活用ください。

愛知県・名古屋市・岐阜・三重周辺で塗装やリフォーム、住宅の工事をお考えの方は、しっかりと建物の維持管理が出来る専門家「建物保全士」が在籍する実績豊富な当社にお任せください。